Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

映画「アイアンマン3」はトニー・スタークの成長物語

アイアンマン最終作、「アイアンマン3」です。

アイアンマンシリーズ最後の作品となりますので、可能であれば

  • アイアンマン1
  • アイアンマン2
  • アベンジャーズ

の3作品は事前に観ておきたいところです。

ストーリー

トニー・スタークは見えざる敵の脅威におびえ、一心不乱に新型パワードスーツの開発をしていた。心身ともに追いつめられたトニーはある日、世界転覆を企む謎の男マンダリンから攻撃を受け、全てを奪われてしまうが…。
アイアンマン“最後"にして“最大"の戦いが始まる――。

アイアンマン3

時間軸としては、映画「アベンジャーズ」後のお話になります。

アベンジャーズでチタウリ軍団を撃退したのは良かったんですけど、トニーは宇宙に人類の敵が多数いることを知ってしまったせいで、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまいます。

さらに不眠症に加えスーツ依存症状態で、トニーのメンタルの弱さが伺えます。

ただ、それでもトニーは戦うことをやめません。トニー・スタークとして、そしてアイアンマンとして戦い続けるのです。 

この映画はトニー・スタークのお話

f:id:okashi3:20170616180040j:plain

アイアンマン3も賛否両論、好みの分かれる映画ですよね。

劇中ではアイアンマンの強さよりも、トニー・スタークの成長に主眼が置かれているので、爽快感に欠ける印象があります。ラストバトルは派手に戦ってくれますが、それまでは正直地味です。

それでも私はこの映画が大好きです。トニーが好きだからかなー。

スーツがなくても戦える、弱さを克服するトニー・スタークの物語と考えると素晴らしい映画だと思えます。

ラストシーンも最高で、良い締めくくりでした。ブラボー! 

登場するスーツ 

f:id:okashi3:20161226232853j:plain

マーク7(右)です。アベンジャーズから継続して登場。

なんか自動車感覚で使用していて、ちょっと笑えました。もちろんスーツ依存症のせいなんでしょうけど。 

f:id:okashi3:20170526170658j:plain

マーク42です。この映画のメインスーツです。ドジッ子属性あり。

メインカラーが、サブカラーがとなっており、過去の映画のスーツと比べると印象が異なりますね。このカラーリングは好みが分かれると思いますが、私はあんまり好きじゃないです。

トニーの体内にセンサーを埋め込むことで、各パーツを自動装着できるようになってまいます。通称「自動キャッチ型スーツ」。

また、スーツ内に人が入らなくても遠隔操作が可能という優れもの。

ただ、試作機ということもあり、エネルギー効率に難あり。  

まとめ

  • アイアンマン、アイアンマン2、アベンジャーズを観た
  • トニー・スタークが好き
  • マーク42がかわいい

そんな人におすすめできる映画です。

スポンサードリンク