Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

映画『アベンジャーズ』のトニー・スタークは自分のためにしか戦わない!?

アイアンマン

アイアンマンことトニー・スタークが登場するMCU映画は、

  • アイアンマン1
  • アイアンマン2
  • アベンジャーズ
  • アイアンマン3
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  • スパイダーマン/ホームカミング
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • アベンジャーズ/エンドゲーム

があります。

(※本記事は上記作品のネタバレを含む記事になります)

 

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』を鑑賞して、トニー・スタークの歴史を改めて振り返ってみたくなったので、今回は映画『アベンジャーズ』のトニー・スタークについての感想をまとめていきます。

命令に従おうとするキャップ、従わないトニー

ヘリキャリアのなかではヒーローたちがギスギスしているんですが、トニーとキャップの仲の悪さというか、主義・主張の違いは本当に犬猿の仲といってもいいくらいですよね。

 

キャップは「(平和のために)フューリーの命令に従え」という主張。

トニーは「(命令に従って行動するのは)主義に反する」という主張。

 

どちらの言い分も一理あるので、なんとも言いがたいところです。

しかしこれが映画『シビル・ウォー』では、キャップとトニーの主張が入れ替わるんですから面白いですよね。

作品を通してヒーローが成長し、変化していくのを楽しめるのはMCUならではだと思います。 

キャップ「自分のためにしか戦わない」

映画の中盤で、トニーとキャップが本格的に口論し始めるんですが、キャップ、かなりキツイ言い方してるんですよねー。

 

以下、キャップのトニーに対しての発言です。

「スターク・タワー?あの醜い…」

「スーツを着れば大物だが、脱いだらなんだ?」

「大して価値もない男のくせに」

「映像を見たが自分のためにしか戦わない」

「仲間のために自分を鉄条網に投げ出せないだろ」

「いつも逃げる」

「ヒーローのフリはやめてもらおう」

という感じで、けっこう辛辣な言葉を畳み掛けています。

スターク・タワーの件は、ほんまにひどいと思う(笑)

キャップ

この顔である。

ここでキャップが”映像を見たが~”と発言していますが、VSアイアンモンガー、VSウィップスラッシュとかの映像なんだと思います。

でもキャップが言うほど『自分のためにしか戦わないヒーロー』ではないと思うんですよねー。この時点でも。

戦いの原因は、トニー(やハワード)であることは多いんですけどね。。

 

まぁトニーも黙って聞いているわけでもなく、キャップに対して、

「親父が話してた奴だ。凍らせとけばよかった」

「ヒーロー?君みたいな?」

「君はただの実験台」

「能力は薬から授かったものだ」

などの酷い発言もしています。

 

売り言葉に買い言葉ではありますが、トニーはトニーでキャップのことをわかっていないですよね。

たぶんこの時点でのトニーには『ヒーロー=超能力・超技術』みたいな価値観があるんだと思われます。

それに対し、キャップは『ヒーロ=自己犠牲の精神』という考え方があるので、話が噛み合わないんですよね。

だからトニーは、能力とか薬とか言っちゃう。

 

でもそこがトニーの魅力だと個人的には思っています。

トニーはヒーローではあるんですが、(この時点では特に)精神面では未熟な部分があり、とても人間らしい人物で共感しやすい面も持ち合わせているんですよねー。

トニー・スタークにも自己犠牲の精神がある!

キャップにボロクソに言われたトニー・スタークですが、映画終盤ではしっかりヒーローしてましたね。

  • ヘリキャリアの墜落阻止
  • 核ミサイルからのNY防衛

 

どちらもキャップが言っていた「仲間のために自分を鉄条網に投げ出す」行為(=自己犠牲の精神)ではないでしょうか。

アベンジャーズとしての戦いを通して、トニーはヒーローとしてワンランク株を上げた気がしますね。なお、AoU

 

そしてなんといってもエゴイストでナルシストで自分のために戦うトニーが、エンドゲームのラストでは、人類を守るために本当の意味で自分を犠牲にするんですから、もうなんか言葉にならないですよ。

スターク・タワーがアベンジャーズ・タワーに

アベンジャーズ・タワー

そしてラストには、あの醜いスターク(STARK)・タワーの『A』が残ってアベンジャーズ・タワーに生まれ変わるシーンがあります。

アベンジャーズを象徴する『A』のマークですが、今にして思うとトニー・スタークの一部がアベンジャーズであり、アベンジャーズの一部がトニー・スタークなんだなぁと思ってしまいます。

U-NEXTにはMCU作品が多数配信中!31日間の無料体験期間あり

ちなみにU-NEXTには、MCU関連作品が多数配信されています。

⇒アメコミ映画を観るなら<U-NEXT>

  • 31日間の無料お試し期間あり
  • スマートフォンでダウンロード可能
  • 毎月1,200ポイントチャージ(見放題会員)

 

などの特典もあるのでおすすめです。

スポンサードリンク