Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

ブラックパンサーを観たネタバレ感想と設定まとめ

映画『ブラックパンサー』を観てきましたので、感想や設定をまとめておきます。※ネタバレあり

ブラックパンサーはMCU系列のヒーローで、2018年4月27日に公開される『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも登場します。 

アベンジャーズ系列のヒーローですが、本作はブラックパンサーのオリジンを描く作品なので、予備知識はほとんどいりません。

 

f:id:okashi3:20180302023921j:plain

↑IMAXで観たらステッカーとクリアファイルもらえました。

 

あ、エンドロール中、そしてエンドロール後にも映像が流れますので、途中で席を立たないようにしましょうね!

キャプテン・アメリカ/シビル・ウォーで初登場

シビルウォー相関図

引用元)アベンジャーズに登場するヒーローの設定をまとめてみた 

 

実はブラックパンサーは、本作が初登場というわけではありません。

初登場したのは『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』という作品です。『シビル・ウォー』でのブラックパンサーの活躍を簡単にまとめておくと

  • 父を殺害され、ワカンダの王位&ブラックパンサーを継承
  • 殺害犯を捕まえる過程で、アベンジャーズと対立&共闘
  • 最後はワカンダにキャプテン・アメリカとバッキーを匿う

 

という感じです。

その直後から本作のお話はスタートします。

映画の感想:国王でヒーローという設定を存分に活かしていた

f:id:okashi3:20180301180549j:plain

画像出典)ブラックパンサー|映画|マーベル公式

 

『国王であり、ヒーローである』というブラックパンサーの設定を余すことなく上手に使っていましたね!

正直、『国王』部分はオマケ程度になるんじゃないかと思っていたんですが、むしろメインでした。

普通のヒーローだったら『敵を倒す』がメインになるわけですけど、ブラックパンサーは『王位の継承、国の秘密を守る、国民を守る、国民の支持を得る』といった政治的要素が絡んでくるので、面白かったです。

しかもティ・チャラは国王になったばかり。それゆえの先代のやり方やこれからの方針で葛藤する気持ちも上手く描けていたとも思います。

 

ド派手な戦闘シーンはそこまで多くないですが、機敏な動きが多く、肉弾戦メインの戦闘シーンは素直にカッコイイです。

 

あと新スーツはかなり良いですね! アイアンマン的な自動装着機構に加え、攻撃を吸収して、任意のタイミングで放出できる機能はかなり強い。主に範囲兵器として使ってましたけど、一点集中とかできたら強そう。

あと単純に黒スーツに紫の発光はズルい。カッコよすぎる。シン・ゴジラかよ。

 

ブラックパンサーの身体能力の秘密はハーブだった

シビル・ウォーのとき、みんなが疑問に思ったであろう、

 

『ブラックパンサー身体能力高すぎ問題』

 

頑丈なのはスーツがヴィブラニウム製だからってことでいいんですが、車より速く走ったり、跳躍力が半端なかったりできる理由がよくわからなかったんです。

 

でも本作でその秘密が開かされました。その秘密はワカンダ原産の謎ハーブ(おそらくヴィブラニウムまたはソウルストーンが関与)です。

このハーブを煎じた液体を飲むことで、超人的な身体能力が手に入るというわけだったんですねー。

ヴィラン:キルモンガーの設定が悲しい

f:id:okashi3:20180301180617j:plain

画像出典)ブラックパンサー|映画|マーベル公式

 

本作のメインヴィランであるキルモンガーさん。

ティ・チャラのお父さんに、父を殺されたという過去をもつ悲しいキャラです。そりゃワカンダに強い恨みを持つのは仕方ないわなー。

ここ最近のMCU映画のヴィランは、設定が凝っていて良いですよね。ヴィランにもヴィランになった背景があると、映画が引き締まります。

ヴィラン:ユリシーズ・クロウの再登場

f:id:okashi3:20180307144400j:plain

画像出典)ブラックパンサー|映画|マーベル公式

 

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(AoU)』で登場したクロウが再登場。

AoUで、ウルトロンに左腕を切断されちゃってましたが、本作では強力な武器内蔵義手を装着しての再登場です。

AoUのときに大量のヴィブラニウムを保有していたのは、ワカンダから盗んだからだったんですね。しかし、ワカンダの歴史の中で唯一の侵入者って、かなり優秀な悪役ですよね。

人をおちょくったような態度はかなり好きです。

ジャバリ族のリーダー、エムバクが良いキャラ

f:id:okashi3:20180307144330j:plain

画像出典)ブラックパンサー|映画|マーベル公式

 

映画の序盤で、ティ・チャラと王位をかけて決闘したジャバリ族のリーダー:エムバクが良いキャラしてましたね。

 

序盤のシーンでは小者感が溢れるキャラでしたが、後半では評価がうなぎ登りですよ。ドラえもんでいうところの映画版ジャイアンのような立ち位置でしたね。

瀕死のティ・チャラをあえて仮死状態で保存しておくとか、意外と頭が回るタイプなんでしょうか。

 

ラストシーンでは、王座を囲む集団の中にエムバクも確認できたので、すべての種族がティ・チャラに仕えるかたちになってました。やったぜ。

エンドロール後の映像

エンドロール後の映像では、ワカンダで平和的に暮らすバッキーが登場!

シビル・ウォーのラストでは凍結されていたのですが、解凍されたんですね。ということは、ヒドラの洗脳は完全に抜けたと考えていいんじゃないでしょうか。

ただ、まだ左腕のメタルアームは無かったので、インフィニティ・ウォーで装着されるのでしょうか。期待!

4月27日にはインフィニティ・ウォー

4月27日に公開される映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にもブラックパンサーは登場します。

はー、めっちゃ楽しみ。公開日に2回観ようと思ってるのですが、問題はGW直前に有給休暇が取れるのか。。。

関連記事>>アベンジャーズ関連作品はどの順番で観るべきなのか

関連記事>>アベンジャーズに登場するヒーローの設定をまとめてみた

アメコミ映画を観るなら<U-NEXT>

スポンサードリンク