Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

フルカワユタカの3rdアルバム『Yesterday Today Tomorrow』が最高です

f:id:okashi3:20180110013329j:plain

フルカワユタカの3rdアルバム『Yesterday Today Tomorrow』が発売されましたので、全曲の感想・レビューをまとめていきます。一番好きなのはDAMN DAMN!

まず今回のアルバム、最高です。実は先行シングルの『days goes by』を聴いたとき、「あれ? ちょっと落ち着き過ぎじゃないかこれ?」と思ったんですよ。

だが、しかし、But! そんな私の不安は一気に吹っ飛びました。ドーパン(DOPING PANDA)時代のアルバムも含めても、一番好きなアルバムかもしれません。

軽く興奮してるので、やや高めのテンションで感想を書き記していきますよ!

revelation 

revelation

revelation

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

We in MusicやPINK PaNKを彷彿とさせるrevelation』。revelationには「暴露」や「発覚」という意味があります。

キラキラしたダンスロックを感じさせる曲ですよね。スターのギターもキレッキレで、おかえりなさいロックスター! って言いたくなります。もう最高。

シューティングゲーム  

シューティングゲーム

シューティングゲーム

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 『シューテンングゲーム』。前作のサバクみたいな印象を受けました。ただサバクより歌詞の量が圧倒的に多いですね。この曲も間奏でスターの速弾きテクニックが炸裂しています。

busted  

busted

busted

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 『busted』、直訳で「逮捕」ですね。タイトルの割にかなり爽やかな曲調と内容の曲です。

この曲も間奏でスターの速弾きが(笑)。いやー、今回絶対スター楽しんで曲作ってると思うんですよね。すっごいキラキラしてる、曲が。

僕はこう語った  

僕はこう語った

僕はこう語った

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 『僕はこう語った』。これは今までにないタイプの曲ですよね。ロックというより、ポップ寄りの曲だと思います。すごくストレートに愛情を表現した曲なので、聴いていて少し恥ずかしい気持ちにさえなります(笑)。サビの疾走感が好きです。

days goes by 

days goes by

days goes by

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

シングルではあんなに微妙に感じたのに、アルバムに入ると化けるなぁ! と感じた『days goes by』。曲順的にもこの5曲目以外ないだろうなと思えるくらいハマっています。

おとなしめの曲調なんですが、『僕はこう語った』と『デイジー』に挟まれることによって、この曲の良さが引き立てられている気がします。

デイジー  

デイジー

デイジー

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この『デイジー』もキラキラしてる(雑)。

DAMN DAMN  

DAMN DAMN

DAMN DAMN

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

HiGE(髭)の須藤寿くんが作詞した『DAMN DAMN』。直訳で「くそっ!くそっ!」でいいんかな?

私、この曲が一番好きです。これ絶対HiGEを意識してますよね。イントロとかもう絶対HiGEだもん。全体的に曲調がすごいHiGEっぽいんですよね。

あとこれ、須藤くん視点のスター紹介ソングです。超おもしろいんですけど。

まさにコラボソングって感じがして気に入りました。

抜けの良い曲、HiGEっぽい詞、いい感じに力の抜けたスターの歌声。すべてが完璧に組み合わさった、このアルバム中の最強の曲なんじゃないかと思います。

nothin' without you  

nothin' without you

nothin' without you

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

このアルバムの中で異彩を放っている『nothin' without you』。

前半は指パッチンしながら、酔っぱらいながら、歌いたくなる曲ですよね。と思ったら後半から急にテンポが上がって、最後はダンスロックになるという展開に次ぐ展開。聴いていて飽きない曲です。

バスストップ  

バスストップ

バスストップ

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

哀愁漂うカントリーソング感がある『バスストップ』。

the band apartの荒井岳史さんがVoとして参加してるのもあって、とても良い雰囲気の曲に仕上がっています。まるで映画のエンディングを観ているような。

そろそろこのアルバムもお終いなんだよという雰囲気にさせてくれる曲ですね。

no boy no cry  

no boy no cry

no boy no cry

  • フルカワユタカ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

最後は楽しく激しく終わるぜ! 『no boy no cry』。1曲目とかでもおかしくないくらいノリノリな曲ですよね。

ロックスター、フルカワユタカの最高傑作!

アルバムとしての一体感、各曲のクオリティ、他のアーティストとの絶妙なコラボ感。どれを取っても最高のアルバムじゃないでしょうか。あとジャケットがかっこいい(ちょっとヒカキンみたい)。

2018年はこのアルバムを聴きまくります。そしてライブに行きたい!!

スポンサードリンク