Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

映画_ジャスティス・リーグを観た感想_ヒーローの設定まとめ

映画『ジャスティス・リーグ』を観てきましたので、設定や感想、エンドロール後の映像などについてまとめておきます。※ネタバレ注意

最近のDCEU映画、『バットマンVSスーパーマン』や『スーサイド・スクワッド』は正直、微妙な仕上がりでした。映像や音楽は良いんだけど、映画としてのまとまりがない感じで。

しかし、今作の『ジャスティス・リーグ』はかなり良い出来ですよ! ヒーローチームの結成から、チームとしての初陣まで丁寧におもしろく描かれています。

DCEUのシリアス感を維持しつつ、コミカル要素が取り入れられたため、エンターテインメント性の高いバランスの良い映画に仕上がっていました。 

DCEUヒーローの設定まとめ

f:id:okashi3:20171123163754j:plain

今作ではヒーローが多数登場するので、設定を簡単にまとめておきますね。予習として『バットマンVSスーパーマン』だけでも観ておくことをおススメします。

バットマン

バットマンの表の顔は大企業のオーナー、ブルース・ウェイン。ジャスティス・リーグのリーダー。

特別な能力をもたない普通の人間(本人曰く、能力は『大富豪』)。己の肉体と強い精神力、数々のハイテクガジェットを駆使して、20年以上ゴッサム・シティの悪と戦ってきたヒーローです。

前作の『バットマンVSスーパーマン』で、スーパーマンの強大過ぎる力に危機感を覚え、対立することに。結果的には和解したのですが、スーパーマンの死亡に間接的に関与したこともあり、責任を感じています。

www.weekendwednesday3.com

ワンダーウーマン

本名、ダイアナ・プリンス。不老不死のアマゾネスです。強靭な肉体、スーパーパワーに加え、剣と盾、攻撃を反射させるブレスレット、真実を引き出す輝くロープを使用するヒーローです。

前作の『バットマンVSスーパーマン』で、バットマンとスーパーマンと出会っています。

フラッシュ

本名、バリー・アレン。能力は音速を超える超高速移動。雷に打たれたことが原因で能力を授かりました。

コミュ障なところもありますが、言動がおもしろいのでジャスティス・リーグのムードメーカー的な存在だと思います。

サイボーグ

本名、ビクター・ストーン。爆発事故で重傷を負い死亡したと思われましたが、父のサイラス・ストーン博士によって機械の身体となりました。

このサイボーク化の技術には今作の重要アイテム、マザーボックスの技術が利用されています。

アクアマン

本名、アーサー・カリー。アトランティスの王位継承者。母はアトランティス人(女王)、父は人間であるためハーフです。

能力は水中でも活動可能な身体と海の声を聞けること、そしてワンダーウーマンに匹敵するほどのパワー。

ヴィラン(敵):ステッペン・ウルフ

マザーボックスを求めて地球にやってきた異星人。パラデーモン(恐怖の匂いに引き寄せられる)を部下にもつ。

映画の感想

f:id:okashi3:20171123164148j:plain

過去のDCEU映画はシリアスな雰囲気が全面に出ていて、あの『スーサイド・スクワッド』でさえも微妙な後味の映画だったのですが、今回の『ジャスティス・リーグ』は非常にまとまりが良く、視聴後の満足感が得られる映画でした。

ベン・アフレックのバットマンかっこいい

いやー、やっぱりベン・アフレックのゴツいバットマン、かっこいいですねー。

バットマンの能力的に雑魚敵を倒すシーンが中心にはなっちゃうんですけど、そのときの肉弾戦に重みがあって、まさにベテランヒーローという感じでしたね。

 

各ヒーローのスカウトはもちろん、ラストのバットモービルでの囮役をするシーンでもチームのリーダー感が出ていました。

そういや、リーダーをワンダーウーマンに譲るみたいな感じでしたけど、どうなるんでしょうね。私としてはこのままバットマンにリーダーを続けて欲しいのですが。

 

そういや、スーパーマンを復活させるかどうかを話し合っているシーンでは、アベンジャーズのトニー・スタークを彷彿とさせましたねー。『使えるものはリスクを承知で使うべき、科学力を武器にするべき』という主張が、ウルトロン製造の話と似ていた気が。

 

最後はスーパーマンと和解できて良かったなー。普通の人間バットマンと超人スーパーマン、良いコンビになっていって欲しいです。

スーパーマンが

マザーボックスの力を借りて復活を果たしたスーパーマン

復活したては記憶の混乱とサイボーグの誤射から、対立してしまったのでヒヤヒヤしました。

バットマンに向けて、

「お前のことは知っている」

「お前には赤い血が流れているのか?」

というセリフを吐くシーンは特にゾクッとしましたねー。敵に回ると怖すぎるよスーパーマン。

逆に、味方になってからのスーパーマンは頼もしい限り。こんなにも『画面にいるだけでなんとかなる安心感を与えてくれるヒーローはいないんじゃないでしょうか。

VSステッペンウルフは、戦いにさえなってないレベルの圧倒具合! マンションごとの人命救助でも、スケールの違いを見せつけていましたね。

フラッシュが良いアクセント

この映画、フラッシュの存在がかなり重要だと思うんですよ。

超スピードというわかりやすい能力も魅力の1つですが、そのコミカルなキャラクター性がとても良かったです。

「虫が苦手」等の弱気からくる言動が目立ちますが、スーパーマン復活や人命救助などやるときゃやるヒーローって感じで非常に好感をもてました。最後、サイボーグと拳をゴツンってできて良かったねー。

 

私、ドラマ『フラッシュ』は観てなかったんですが、これを機に視聴してみたいと思います。

ワンダーウーマン大活躍!サイボーグとアクアマンは今後に期待

今回、ワンダーウーマン大活躍でしたね。

冒頭のテロ防止シーンもカッコ良かったし、ステッペンウルフとの戦闘シーンも一番多かったですし。単独映画の映画のヒットもありましたし、これからも優遇されそうな気がします。

反対に今回初出となるサイボーグとアクアマンはパッとしなかったですね。サイボーグは割と重要な役割でしたが、ヒーロー感が弱いというか、共感性が低いというか。アクアマンは単独映画の公開が予定されているので、そこでさらに掘り下げられることでしょう。

エンドロールの映像

エンドロール後の映像は2つ。

1つは『フラッシュとスーパーマンのスピード勝負』。結局、勝敗は分かりませんが、なごむ映像でした。

もう1つは『レックス・ルーサーの脱獄とヴィランチームの結成(示唆)』。ルーサーが協力を要請していたのは、ウィルソンと呼ばれる人物でヴィラン名:デスストロークですね。

これからのDCEU映画に期待ができる

今作が非常におもしろかったので、今後のDCEU映画にも期待がもてました。映画『ワンダーウーマン』から上り調子なので、この勢いをぜひとも維持し続けて欲しいですね!

アメコミ映画を観るなら<U-NEXT>

スポンサードリンク