Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

映画『ミックス。』を観た感想_笑いと恋愛とスポ根がミックス!

f:id:okashi3:20171109220249j:plain

映画『ミックス。』を観てきましたので、感想をまとめておきます。

この映画は、卓球の男女混合ダブルス『ミックス』を主軸としています。

私の大好きな新垣結衣さんが主演、そしてドラマ『リーガルハイ』や映画『エイプリルフールズ』を手がけた古沢良太さんが脚本をされていることもあって、期待値の高かった映画です。

古沢さんの書く脚本は、毒を効かせたものが多いんですよね。その毒っ気が個人的に大好物なので、その辺も期待して観てきました。

映画の感想:王道的なストーリー

全体の感想

映画全体の感想としては、笑いと恋愛、そしてスポーツ要素をバランスよくミックスした映画だと思いました。そういう意味も含んだタイトル『ミックス。』なのかなと

しかし主演である新垣結衣さんと瑛太さんは、空気感がよく似ていますね。安定感があるなーと思いました。 

 

脇を固める役者さんも良い味を出していました。

個人的には蒼井優さん演じる中国人店員:楊がお気に入り。日本人が想像する中国人をよく表現していました。あとクソ生意気な子どもを鈴木福くんが演じていて、これもハマリ役でしたねー。

テンポの良い前半、ちょっとモヤモヤ後半

前半は多満子(演:新垣結衣)の転落人生からの逆転劇みたいな感じで、テンポ良く楽しめました

人間のクズイケメン江島くん(演:瀬戸康史)も絶妙に嫌な奴で、見返してやるぞー! っていう気持ちが沸々と沸きあがる構成でしたね。

 

ただ後半、具体的には多満子とハギ(演:瑛太)が試合に出ないことを決める辺りから、なーんかモヤモヤしました。ラストの決勝戦につなげるための、あえての失速感なんでしょうけど。

私としては失速感なしに、日本選手権に出場して欲しかったなー。

ラストの試合シーンは最高!

ラストの試合は盛り上がりましたねー。

2セット落としてしまった後の休憩で、ハギが再婚しないことを明らかにしたところで、ココまでのモヤモヤが吹っ飛びました

そこからはまさに攻め&攻め!の展開で燃えました。結局試合には負けてしまいましたが、スッキリとした感覚になれましたね。

そういえば、試合終了後、江島くんのペアである小笠原さん(演:永野芽郁)がガッツポーズをして叫んでましたけど、パンフレットによるとあのガッツポーズはアドリブらしいです。小笠原さんの性格をよく表しているシーンだなーと思いました。

スポ根要素が映画を盛り上げる

この映画、スポ根要素が良い味を出していますよね。

  • 倒したい因縁の敵がいる
  • 初期段階では力量不足
  • トレーニングや新たな仲間との出会いを通して成長する
  • 決勝戦で戦う

みたいな要素です。

弱かった主人公が強くなっていく感』って見ていて気持ち良い!

古沢脚本にしては王道的展開

おもしろい映画でしたけど、古沢脚本らしさが控えめだったかなーと思いました。

かなり王道的な展開で、良くも悪くも先が予想できちゃうストーリー。まぁ、たまにはこういう作品もいいのかもしれませんが、次はもうちょっとぶっ飛んだ作品が観たいかなー。

まとめ

おもしろい映画でしたが、個人的には少し物足りなさも感じました。

王道的なストーリーが好きで、スッキリした気分になりたい人におすすめできる映画です。

スポンサードリンク