Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

主婦という名称は時代錯誤なのではないだろうか

f:id:okashi3:20170905011933j:plain

現代では、性別を断定するような言葉を使ってはいけない風潮がある。

看護婦』が『看護師』に、『スチュワーデス』が『キャビンアテンダント』に呼称が変わったように、職業を性別で縛るのは良くないことなのだろう。

では『主婦』はどうなのだろうか。

『主婦』も『看護婦』と同じく、女性に限定されるようなワードだが世間の風当たりはさほど強くなく、むしろ好んで主婦を名乗る者さえいる有様だ。

この現状に一石を投じようと思う。

主婦とは

主婦とは、

一家の家事の切り盛りをする女性。「専業主婦

主婦(シュフ)とは - コトバンク

である。

個人的に“一家の家事を切り盛りする”というのはとても大変なことなので、『主婦』は立派な職業といえると思う。

だからこそ女性に限定的な『主婦』という言葉はふさわしくない。“一家の家事を切り盛りする”仕事は、性別で縛るべきものではないだろう。

ついでにいえば、『主婦』という字面からは職務内容が想像しにくい。『主婦=主に家事を行う婦人』とかが由来なのだろうか。それにしたって省略し過ぎだろう。

主婦に代わる言葉が必要である

ということで『主婦』に代わる言葉を作るべきである、と提案する。

最近は『主夫』なんて言葉も登場しているが、根本的な解決になっていない。字面は違っても、音が一緒なので声に出した時に判断しづらい。

やはりここは“一家の家事を切り盛りする仕事”にふさわしい、新たな呼称を考えるべきである。

主婦は家庭の支配者

f:id:okashi3:20170905012012j:plain

主婦(主夫)の仕事は、

  • 洗濯
  • 料理
  • 掃除
  • 育児
  • 買い物
  • 家計の管理

などである。

家族が増えるごとに、各業務の負担も増すので大変な仕事だ。特に育児は思い通りにならないことも多いので、心労も大きい。

ただ、これらの業務をコントロールするということは、すなわち家庭を支配するのと同義である。

1日のタイムスケジュール、家族の栄養・衛生管理、家庭内業務の配分権、資金繰りを行うことになるわけで、家庭環境の良し悪しは完全に“一家の家事を切り盛りする”者によって決定される

主婦、改め・・・

f:id:okashi3:20170413101513p:plain

家庭環境管理責任者という名称はどうだろうか。

性別的な要素を排除しつつ、職務内容が明確に。

さらに責任者というワードを盛り込むことで、ちょっとした箔が付くと同時に、業務への妥協を許さない雰囲気を出してみた。

我ながら、なかなか良い名称なんじゃないかと思う。

スポンサードリンク