Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

ダブルクォーテーションの向き間違ってる人多過ぎ問題

みんな! ダブルクォーテーションって知ってる? 引用したりするときに使う便利なナイスガイ!

 

 こいつな!

ダブルクォーテーションの出し方

Shift+2で出る

このダブルクォーテーションなんですけど、使い方間違ってる人多くないですか?

別に「二重引用符なんだから、引用する時にだけ使えや!」とか心の狭いことはいいません。強調したいときに使ってもいいんじゃないですかね。

 

ただね、向きが間違っていることに関しては、どうしても許せない。

何が私の気に障るのか自分でもよくわかんないんですけど、ダブルクォーテーションの向きだけは正しく使ってほしい。

だってなんか気持ち悪いんだもん!

正しいダブルクォーテーション(二重引用符)の使い方

f:id:okashi3:20170628095911p:plain

おかし3プレゼンツ、「ダブルクォーテーションの使い方講座」の始まり始まりー。

正しい

←間違い

間違い→

←間違い→

(引用符を引用する力技)

違いがお分かりいただけただろうか。正直、わかりにくい感はありますが、ダブルクォーテーションの向きには意味があります。

 

つまり、

←始まりの合図(ここから引用開始やで)

←終わりの合図(引用終わり!)

ということなんですね。

 

同じ向きのダブルクォーテーションで文章を挟んでしまうと、いきなり引用が終了したり、引用がいつまでたっても終わらない状況を招いてしまいますのでご注意ください。

 

紙ベースの文章で向きが間違っているパターンはあまり見ないんですけど、このブログのようなネット媒体の文章では、間違っているケースを散見します。

まぁフォントの種類によっては見分けがつきにくかったりするので、意図せず間違えてしまうこともありますが、そこは注意しましょう(雑)。

強調するときではなく、引用するときに使う

f:id:okashi3:20180323170040j:plain

ちなみにJIS規格(日本工業規格)では、

引用符号“  ”は,語句を引用する場合,又は文字,記号,用語などを特に明らかにする必要がある場合に用いる。

と用途が限定されております。

 

ネット上の文章でよく見るのが、強調したいときにダブルクォーテーションを使っているパターンなんですけど、厳密にいえば間違いなんですね。

 

まぁ本来、引用のための記号なので、文章を引用するときに使うべきですよね。

私も何かを引用するときに、「」を使ってしまうことがあるんですけど、それ“  ”が適切じゃない? ってことも多々あるので、気をつけられそうなら気をつけましょう(寛容)。

@マークの前にドットがあるアドレスにメールを送れる

ちなみに、本来の用途ではないですが、役に立つ豆知識をひとつ。

メールアドレスの@マークの前に『.(ドット)』があると、メールが送れなことがありますよね。

例)○○○...@xxx.jp

みたいな。

 

こんなクソみたいなアドレスにメールを送りたいとき、ダブルクォーテーションが役に立ちます。

例)"○○○..."@xxx.jp

こんな感じで、@マークより前の部分を半角のダブルクォーテーションで囲んでやることで送信可能になることがあります(絶対送信できるわけではない)。

スポンサードリンク