Weekend Wednesday

映画や音楽と書籍に雑記

「会う」ではなく「逢う」を使う人は、下心丸出しマンである

f:id:okashi3:20170303175135j:plain

私が彼女と出逢ったのは、2016年の夏。シン・ゴジラの出現によってアクアトンネルが崩壊したとき、運命的な出逢いをしたのである。

 

きーもーいーなー!

 

って思いませんか。私は思う。

「会う」でよくない??

『逢』は常用外、人名用漢字である

逢うって常用外だよ?(煽り)

人名用漢字だからね? 朋達(ともだち)みたいな使い方だよ?

常用漢字で小学校二年生で習います。

読み
(音読み)「カイ」「エ」
(訓読み)「あう」
意味
あう。であう。対する。
あつまる。あつめる。

http://kanjitisiki.com/syogako/syogaku2/013.html

人名用漢字です。

読み
(音読み)「ホウ」「ブ」
(訓読み)「あう」
意味
あう。思いがけずに出会う。
むかえる。

http://kanjitisiki.com/zinmei/569.html

逢うを多用する人はエロい

私の見立てでは、

  • ロマンチックな雰囲気
  • 運命的な雰囲気
  • 好意がある雰囲気

を出したいときに使用されるのが「逢う」だと思うんですよ。

でもね、ロマンチックとか運命的とか好意とかいう綺麗げな言葉はオブラートなんですよ。

 

このオブラートに包みこまれている本心は、

 

下心

 【下心】したごころ
1.表に現さず、ひそかに心の中で考えている事。本心。特に、悪だくみ。
2.かねてからのたくらみ

です。

 

多分ですね、この「逢う」って異性に対してしか使わなと思うんですよ。

つまり相手の方と、あわよくばどうにかなりたい状況で使います。

 

つまりですね、この「逢う」を使う人は下心丸出しのエロい人というのが結論です(拡大解釈)。

 

この人にいやらしいアプローチをしたい!

 

っていう場合には非常に有効だと思います。 

『呑み会』と同じ気持ち悪さ

ここまでの考え方は、私の個人的解釈によるものではありますが、この「逢う」を使うことに抵抗がある人は少なくないと思うんですよ。

飲み会→呑み会」もそうなんですけど、言いようのない気持ち悪さを醸し出しているんですよね。

で、この気持ち悪さの正体がいったい何なのか考えてみたんですけど、

 

仲良し感のアピール

 

なのかなと。

特定の仲間(グループ)内だけで使用される言葉みたいな雰囲気があって、他者を寄せ付けない排他的な印象を受けるんですよね。 

まとめ

  • 逢うは常用外漢字である
  • 逢うを使うと下心がバレる(下心のアピールには適する)
  • 逢うを使うと気持ち悪め

うん、

会うを使おう。

 

スポンサードリンク